【2021年】TikTokで人気の曲21選!ダンス・洋楽・邦楽別にご紹介

SNS tiktok 人気曲 サムネ

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokで人気の曲をカテゴリ別に知りたい
  • TikTokで人気の最新曲を知りたい
  • TikTokで人気のダンスに似合う曲が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「TikTokで人気の最新曲をカテゴリ別」でお伝えしていきます。

TikTokで人気の最新曲をチェック

ティックトックロゴ2

引用:https://www.tiktok.com/about?lang=ja

10代を中心に爆発的な人気を誇るTikTokは、独特な曲・振り付け・ダンスを動画で共有できるコミュニティです。

動画撮影や美顔効果などの加工も簡単に行え、参入のハードルが低く、誰でもすぐに始められるという点が、大きな魅力となっています。

そんなTikTokを彩っているのが、特徴的な楽曲の数々です。

今流行りの最新曲から定番の人気曲まで幅広く知っておくことで、TikTokの反応が上がり、活動もスムーズに行えます。

ですので、今回は洋楽と邦楽、さらにダンスが似合う曲についてご紹介していきます。

ちなみに、TikTokはJASRACと提携しているので、公式で用意されている楽曲であれば、著作権も気にせず、安心して配信できます。

TikTokで人気の邦楽7選

邦楽

うっせぇわ/Ado

強烈な歌詞とメロディが1度聞いたら癖になり、10代から20代を中心に多くの人気を博している、Adoの「うっせぇわ」。

TikTokでは、アカペラの動画や替え歌として動画を投稿しているユーザーが多い印象です。

この他にも、Adoは数々の新曲をリリースしているので、今後もTikTok内では注目のアーティストになりそうです。

スマイル/森七菜

バンドのホフディランが1996年にリリースした名曲「スマイル」を、女優の森七菜さんがカバーした楽曲です。

大塚製薬のオロナミンCのコマーシャルに起用されたことでも有名で、タイトル通り明るくポップな雰囲気となっています。

恋する/SHISHAMO

ロックバンドSHISHAMOの「恋する」は、歌詞に合わせた可愛い振付が人気の楽曲です。

特に、サビ前まではすっぴんの状態で、サビに入ると、しっかりとメイクを決めた状態になるという、ギャップを楽しむ動画が多くアップされています。

いつもの自分とは、少し違った印象を演出できる楽曲です。

IDOL SONG/大森靖子

曲名通り、「IDOL SONG」はアイドルにピッタリな、甘い雰囲気のある楽曲で、アイドルのキャッチフレーズがたくさん盛り込まれています。

特に決まった振付がないので、比較的自由度が高く、男性がこの楽曲で投稿する場合は、面白系の動画になりやすいです。

なにをやってもあかんわ/岡崎体育

聞いていると笑ってしまうような歌詞やタイトルが特徴的な、岡崎体育の楽曲です。

タイトルにもなっている、「なにをやってもあかんわ」が曲中に何度も繰り返され、1度聞くと癖になってしまいます。

曲の雰囲気や歌詞が、まさにTikTokにピッタリに仕上がっています。

Poppin Shakin/NiziU

縄跳びダンスで一世を風靡したNiziUの2nd Single「Poppin Shakin」。

NiziUらしい明るく元気になれる雰囲気に包まれていで、複数人でバッチリ合わせたダンスで撮影したくなる楽曲となっています。

NiziUは、本人たちもTikTokに動画をたくさんアップしているので、楽曲と共に注目されています。

食虫植物/理芽

「食虫植物」は、2019年10月にデビューしたバーチャルシンガー、理芽さんの楽曲です。

とにかく独特な世界観を持つ楽曲で、不思議な雰囲気の動画を作成する際にピッタリな印象です。

また、理芽さんは、他にも多くのオリジナルソングや、外国語でのカバー曲もアップしている多彩なアーティストです。

TikTokで人気の洋楽7選

洋楽

Rasputin/Boney M

「Rasputin」は、1978年にリリースされ、洋楽ではありますが海外だけでなく、日本でも人気のある楽曲です。

曲調もさることながら、その雰囲気に合わせた独特なダンスが魅力的ですが、TikTokの動画においては、比較的自由度が高く、様々なダンスが見られる楽曲となっています。

Unlock It/Charli XCX

「Unlock It」は、世界的に人気のあるシンガーCharli XCXの楽曲で、TikTokでは、日本よりも海外で多く使用されている楽曲です。

ミディアムテンポで、少しムーディーな雰囲気を持っており、1人でも複数人でも楽しめる1曲となっています。

Wicked Wonderland/Martin Tungevaa

TikTokでは、TikTok内で拡散されることで、世間的に有名となっていく楽曲が多くありますが、Martin Tungevaagの「Wicked Wonderland」は、その代名詞ともいえる楽曲です。

動画では、前半はイケてない雰囲気で始まり、後半で一気に綺麗になるという変身を楽しむ動画が人気で、その対象は人だけでなく、絵のビフォーアフターなどでも起用されています。

ノリの良い楽曲なので、比較的誰でも挑戦しやすい仕上がりになっています。

Count On Me/Connie Talbot

「Count On Me」は、ゆったりとした可愛い雰囲気で、“あごのせ動画”に多く使用される癒し系の楽曲となっています。

あごのせ動画は、撮影者の手にあごをふわっと乗せるという、とにかく友達と一緒に撮影すると楽しいのが特徴です。

ペットで撮影している方もいらっしゃるので、動物を飼っている方も、チャレンジしてみると良いかもしれません。

Witch Doctor/Cartoons

Cartoonsの「Witch Doctor」は、TikTok内ではロックダンスとしてお馴染みとなっており、コミカルな雰囲気が特徴的な、キャッチ‐で愉快な楽曲です。

緩い動きとキレのあるダンスが交わったコントラストが癖になるので、ダンス経験のある方は、この緩急のあるダンスに挑戦してみると、面白いかもしれません。

SugarCrash!/ElyOtto

「SugarCrash!」は。曲調の明るさと歌詞の暗さのギャップが海外で人気となっており、TikTokでも今注目度が上がっている楽曲です。

リップシンクの動画が多く見られ、少し落ち着いた雰囲気の動画作成にピッタリの1曲です。

Salsa Tequila/Anders Nilsen

「Salsa Tequila」は、非常にテンポ感が良く、聴いていて明るくなれるTikTokにピッタリの楽曲です。

TikTokでは、「もし私(僕)と付き合ったら」というテーマの動画が流行っていて、それぞれが付き合った際に、相手にしてあげたい事を文字で表現していくのが一般的です。

ダンスを見ながら、「もし付き合ったら」という妄想を楽しむことができるのが特徴で、日本でも人気のコンテンツになっています。

TikTokのダンスに似合う人気の曲7選

ダンス

め組のひと/倖田來未

TikTokといえば、「め組のひと」という印象もあるくらい、常に楽曲ランキングでも上位にある人気曲です。

原曲はラッツ&スターが1983年にリリースした名曲で、TikTokでは倖田來未さんがカバーしたものを、倍速化させていることが多いです。

曲に合わせて、左右にガッツポーズをしたり、両手ピースでみんなでキレ良く合わせたりと、とにかくTikTokに相性の良い楽曲です。

Dynamite/BTS

BTSの「Dynamite」は、2020年にリリースされ、ミディアムテンポの曲調なので、比較的に誰でも挑戦しやすい楽曲です。

ディスコポップ系のダンスが特徴的で、TikTokでも多くの方が「Dynamite」で動画を投稿しています。

BTS本人もTikTokを利用しているので、そちらも注目のコンテンツになっています。

TEENAGE VIBE/kZm

「TEENAGE VIBE」は、アップテンポな曲調に若い世代に刺さる歌詞が魅力的な楽曲です。

ノリが良く、1人でも友達同士でも楽しむことができ、特にサビにある「この人生週刊少年ジャンプ」という歌詞に合わせて、本を開く振付を決めるのが特徴です。

振付も簡単なので、誰でも投稿できるのも良い所です。

Renai Circulation/Lizz Robinett(English Cover)

「Renai Circulation」は、元々日本アニメである化物語で使用されている楽曲で、海外ではそれをLizz Robinettが英語で歌い上げたカバー曲が流行しています。

全体的にふんわりした可愛らしい曲調で、ダンスもそれに合わせてゆったりとしていて、手でハートマークを作るダンスが多い印象です。

また、日本語版の原曲と比べて、少しスマートな楽曲に仕上がっているのも特徴です。

The Magic Bomb/Tài Muzik,Hoàng Read

「The Magic Bomb」は、少しアンダーグラウンドな感じはありますが、テンポ感が良くて、1度聞くと癖になる楽曲です。

曲中の効果音に合わせて、両手を叩き合わせるダンスが特徴的で、見ているとマネしたくなるほど、中毒性があるダンスです。

比較的簡単なダンスなので、気軽に投稿できる点も嬉しい所です。

Ai Wa Binchotan/Bomber Hey!!

「Ai Wa Binchotan」は、TikTokならではのノリが良い曲調で、お祭り感がある楽曲です。

「備長炭」という歌詞が癖になりますが、歌詞に合わせて軽快なダンスを友達と一緒に踊るのがとにかく楽しく、ダンスでのネタ動画を作成したい方におすすめしたい1曲です。

Dreamland/BENNIE K

「Dreamland」は、2005年にリリースされた懐メロですが、ミディアムテンポなので、挑戦しやすい楽曲です。

TikTokに投稿されている動画の中では、正統派ダンスが多い印象で、ダンス経験のある方のキレのある動きがマッチする1曲になっています。

1人でも十分に映えるダンスが撮影できるので、TikTokを始めたばかりの方は挑戦してみても良いでしょう。

TikTokの押さえておきたいその他の人気曲

ティックトックロゴ4

TikTokでは最新曲をチェックするのも大事ですが、昔から親しまれている定番曲も知っておく事で、さらに活動の幅が広がります。

定番といっても、昔ながらの曲から新しい曲までありますので、特に人気のある曲をピックアップしてご紹介します。

  • グッバイ宣言/FloweR
  • イイ波のってん☆NIGHT/ファッキングラビッツ
  • おじゃま虫/DECO*27 feat.初音ミク
  • 紅蓮華/LiSA
  • 題名のない今日/平井大
  • CHOA/SG
  • 桜が降る夜は/あいみょん

他にもたくさんありますが、ファッキンラビッツの楽曲は、TikTok内で定番となっていて、一度は撮影してみたい楽曲です。

また、ボーカロイドの曲も常に人気があり、可愛い系からかっこ良いダンス系まで幅広いジャンルが楽しめる注目のジャンルです。

自分のスタイルや相性を考えて、長く人気のある楽曲をテーマに、動画を撮影してみるのも良いでしょう。

最新の人気曲でTikTokデビューしよう

ティックトックロゴ

引用:https://apps.apple.com/jp/app/tiktok-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF/id1235601864

TikTokは独特な曲調やダンスもさることながら、参入のハードルが低いというのも大きな魅力です。

YouTubeなどの他の動画配信サービスでは、編集やサムネイルなど手間のかかる作業が多いですが、TikTokはショートムービーを投稿するコミュニティですし、加工もTikTok内で簡単に行う事ができます。

ですので、自分の個性を発信したいけど、中々発信できていない方は、TikTokを始めてみるのも良いと思います。

他の投稿者の動画を観るのも楽しいですが、自分で動画を作成し発信することで、新しい自分を見つけることができる可能性もあります。

そんな新しい自分をどんどん世の中にアピールしたい方は、TikTokを始めてみると良いかもしれません。