【2021年最新】ライブ配信に最適!おすすめのwebカメラ10選!

この記事を読んでいるあなたは、

  • ライブ配信にwebカメラを使いたい
  • ライブ配信に最適なwebカメラを探している
  • ライブ配信に使うwebカメラを比較したい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに、「ライブ配信に最適なwebカメラ」を10選にしてお伝えしていきます。

webカメラとは

ライブ配信

webカメラとは、ノートパソコンやデスクトップパソコンに内蔵していたり、外付けでパソコンに接続することのできるインターネット接続ができるカメラのことです。

最近では、webカメラが内蔵されているパソコンが大半になっており、どんなパソコンでもwebカメラをすぐに使用することができます。

今回紹介するような、ライブ配信などの一定の用途に向けて作られた専用のwebカメラもあります。

webカメラの種類

webカメラは、大きく分けて3種類あります。

詳しくみていきましょう。

パソコン内蔵のwebカメラ

元々パソコンに付いているwebカメラです。

なので、接続する手間が省け、撮影された映像が直接パソコンに保存されるので、面倒な作業がいらないという利点があります。

基本的な機能が揃っているwebカメラがほとんどのため、多くの人がパソコンに内蔵されたwebカメラを使用しています。

外付けのwebカメラ

外付けカメラは、パソコンに接続して使用します。

接続したり、録画した映像をパソコンに保存する手間がある反面、パソコン内蔵のwebカメラより高性能なwebカメラが多いです。

特徴としては、

  • 360度まで写せる広角レンズを搭載
  • 400万以上画素数
  • 4Kの解像度
  • オートフォーカス付きのwebカメラ

があります。

スマートフォンに接続して使うwebカメラ

専用のアプリを使ってスマートフォンのカメラをパソコンのwebカメラとして使用します。

わざわざwebカメラを持ち運ばなくてもスマホがwebカメラになるという利点があります。

ライブ配信におすすめのwebカメラ10選!

レンズ

ライブ配信は、配信者の顔を写しながら配信しているものが多くあります。

ライブ配信をするにはwebカメラは必須とも言えるでしょう。

そんなライブ配信に欠かせないおすすめのwebカメラを10選にしてまとめました。

では、見ていきましょう。

ロジクール ウェブカメラ StreamCam C980

ロジクール ウェブカメラ StreamCam C980

値段20,350円
大きさ高さ x 幅 x 奥行: 66mm × 58mm × 48mm
フレームレート最大60FPS
画素数最大1920×1080
ビデオ解像度最大フルHD 1080p

概要と特徴

ロジクール ウェブカメラ StreamCam C980は、フルHD 1080pで且つ60fpsが出せるのがwebカメラです。

AI対応の顔トラッキング機能がついているので、動いても焦点がぶれないようになっています。

また、カメラを回すだけで縦方向の録画にも対応でき、縦方向でもフルHD録画が可能です。

全て揃った高機能のwebカメラが欲しい人は、ロジクール ウェブカメラ StreamCam C980がおすすめです。

ロジクール ウェブカメラ C922n ストリーミング

ロジークル C922n streaming

値段9,900円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:29 mm × 95 mm × 24 mm
フレームレート最大60fps(720p)
画素数最大2048×1536
ビデオ解像度最大1080p(30fps)

概要と特徴

ロジクール ウェブカメラ C922n ストリーミングは、1080p/30fpsで高解像度の映像を録画でき720p/60fpsの超高速フレームレートも実現可能なwebカメラです。

78度の視野角が特徴的で複数人でも画角に納めることが可能です。

また、HDオートフォーカスと光補正機能もあるので、暗い環境でも高解像度の映像が撮れます。

両側に1本ずつマイクが搭載されているので、音声もクリアに録音できます。

ロジクール ウェブカメラ C920n ストリーミング

ロジークル C920n streaming

値段7,480円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:29mm × 94mm × 24mm
フレームレート30fps
画素数最大1920×1080
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

ロジクール ウェブカメラ C920n ストリーミングは、フルHD 1080pの鮮やかな画質でテレビ電話や録画が出来ます。

自動HD光補正機能を備えているので、部屋が薄暗くてもはっきりとした画像を映し出せます。

また、フルHDガラスレンズとプレミアムオートフォーカスで、きめ細かい画質で撮影ができます。

両サイドにマイクがあるので、どの角度からも音を拾えます。

エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK

エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK

値段8,778円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:60.0mm×55.3mm×39.0mm
フレームレート最大30fps
画素数最大2592×1944
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBKは、最大500万画素の超高精細な映像の撮影が可能です。

ワイドスクリーンFull HDにも対応しているので、動画配信にも最適です。

SkypeやZoomでも動作確認済みなのでさまざまな場面で使うことができます。

カメラ本体にもマイクを内蔵しているので、複数人での会話が可能なのも特徴です。

マルチスタンドを採用しているので、ノートパソコン・デスクトップパソコンどちらにも取り付け可能です。

エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK

エレコム UCAM-C980FBBK

値段13,673円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:88.0mm×62.6mm×46.5mm
フレームレート最大30fps
画素数最大3264×2448
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBKは、Full HD対応なので高画質な映像を撮影できます。

日本メーカー製の裏面照射型CMOSセンサーを採用しているので、抜群の色の再現性を実現できます。

ワイドスクリーンFull HDに対応しており、デジタルマイクを2台内蔵しているので、複数人の会話も録音できるので動画配信に最適です。

「Webcamアシスタント」をインストールすれば、Youtube投稿機能などの便利な機能を使えます。

サンワサプライ WEBカメラ CMS-V43BK

サンワ サプライ CMS-V43BK

値段10,780円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:115.0mm×25.0mm×33.0mm
フレームレート最大30fps
画素数最大1280×720
ビデオ解像度最大720p

概要と特徴

サンワサプライ WEBカメラ CMS-V43BKは、広範囲が映るワイドレンズを搭載しているので、Web会議などの日常でも快適に使えるカメラです。

複数人をHD画質で録画可能でき、マイクも内蔵しています。

USBケーブルを1本繋ぐだけで使えるので、使いやすさの面でも優れています。

カメラ用の三脚、スタンドがあるので、どんな種類のPCでも使うことが出来ます。

サンワサプライ WEBカメラ CMS-V40BK-3

サンワ サプライ CMS-V40BK-3

値段9,680円
大きさ高さ x 幅 x 奥行:61.0mm×35.0mm×28.0mm
フレームレート最大30fps
画素数最大2592×1944
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

サンワサプライ WEBカメラ CMS-V40BK-3は、500万画素の高解像度で撮影できるwebカメラです。

3mのロングケーブルがついているので、少し離れた場所でも使えます。

USBを接続するだけで使えるので簡単です。

しっかりした金属スタンドがついているので、大型の液晶にもがっちりホールド出来ます。

また、マイクを内蔵しているのでヘッドホン無しでビデオチャットを楽しめます。

バッファローBSW500MBK WEBカメラ 広角

Buffalo BSW500MBK

値段4,480円
大きさ幅×高さ×奥行:80×51×50mm
フレームレート最大30fps
画素数最大1920×1080
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

バッファローBSW500MBK WEBカメラ 広角は、約120度の広視野角レンズを搭載しているので、大人数の撮影をしたり、部屋全体を見切れることなく撮影出来ることが特徴です。

開閉自在のシャッターがついているので、万が一のハッキングによる盗撮や消し忘れによる流失も防ぐことが出来ます。

マイクを内蔵しているので、改めて別のマイクを用意しなくても手軽に使うことが出来ます。

Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ

Vitade 960A LED

値段4,480円
大きさ幅×高さ×奥行:80×51×50mm
フレームレート最大30fps
画素数最大1920×1080
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラの、最大の特徴はレンズの周りについているリング型のLEDライトです。

3段階で明るさの調節ができ、別に照明が無くても明るいです。

また、1080p/30fps対応なので、WEB会議などの日常での使用には充分すぎるほどのスペックと言えます。

ステレオマイクも2台内蔵おり、ノイズリダクション機能もついているので、クリアな音声を届けられます。

J5 create JVCU360 360° パノラマミーティングカメラ

J5 create JVCU360 360°

値段20,800円
大きさ幅×高さ×奥行:93.5×37×193mm
フレームレート最大30fps
画素数最大1920×1080
ビデオ解像度最大1080p

概要と特徴

J5 create JVCU360 360°パノラマミーティングカメラは、6種類の映像モードを搭載したwebカメラです。

パノラマ映像を2つに分割し、フルスクリーンで表示することなどの機能があります。

モードとマイクのオンオフは、ボタン一つで切り替えることができます。

マイクに関しては、全指向性マイクが2つも搭載されているので、複数の人がいた場合でも、マイクに近づかなくても音を拾ってくれます。

ライブ配信におすすめのwebカメラの選び方

ライブ配信

大きさ

webカメラを買う上でまず確認したいのが大きさです。

使う用途にもよりますが、いくら高性能なものを買っても自分のPCに合わなかったり撮影スペースに入らなかったりすると満足いく撮影ができない可能性があります。

購入する前に、PCや撮影スペースに対してカメラの高さや幅が適正か確認してから購入するようにしましょう。

画素数・解像度

webカメラを使う際に一番違いが見られるのは、画素数や解像度です。

通常の使い方をする場合は100万画素数で十分に使うことができますが、ライブ配信などでゲーム画面を高画質で配信したい場合は、300万画素数以上必要です。

解像度に関しては、最低でも720p以上が必要です。

ライブ配信などで高画質な映像を配信したいなら1080p以上のカメラを選ぶと良いかもしれません。

画角

webカメラごとに画角が違います。

一人で使用する場合は60〜90度で快適に使うことができます。

大人数でライブ配信をしたり、部屋全体を映したりする場合は、90度以上の画角のカメラを使った方が快適に使えます。

2人以上は90度以上、3人以上は120度以上、5人以上は150度以上の画角を目安にカメラを選びましょう。

フレームレート

フレームレートは、どれだけ映像が滑らかになるかを示す数値です。

数値が高くなればなるほど、滑らかに動きます。

通常の使い方ならば30fpsで十分ですが、ライブ配信などで使用するならば60fps以上あると快適に視聴することができます。

どのレベルの配信にするか検討してから購入してみましょう。

自分にあったwebカメラを選んでライブ配信をしよう!

撮影

ここまで、ライブ配信に最適なおすすめwebカメラを紹介してきました。

webカメラは、それぞれスペックが全然違います。

購入する前に、自分が必要とするスペックや撮影環境を確認してからカメラを選びましょう。