ライバーの収入はどれくらい?平均額や仕組み・稼ぎ方を解説

この記事を読んでいるあなたは

  • ライバーの収入ってどれくらい?
  • ライバーってどうやって収入を得ているの?
  • ライバーが収入を得るコツを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「ライバーの平均的な収入や収入を得る仕組み、稼ぐためのコツ」をお伝えしていきます。

稼げる職業「ライバー」って?

スマホ1つでライブ配信をしてお金を稼いだり、有名人を目指したりできる次世代の職業です。
ちなみにライバー事務所に所属して配信することで、稼ぎやすくなります。

おすすめの人気ライバー事務所

事務所名特徴公式LINE
321INC
  • 有名インフルエンサーゆうこすさん完全プロデュースのライバー事務所
  • Pococha配信ならライバー報酬のバック率100%!
  • おすすめの業界No.1事務所!
321INC公式
Nextwave
  • ビゴライブ公式事務所15ヶ月連続No.1!
  • ライバー所属数4,000名以上の日本最大級事務所
  • ライバーへの収益還元率が高い!
Nextwave公式

なお、以下の記事ではおすすめのライブ配信事務所について紹介しているのでよろしければ参照してみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 ライバー事務所のおすすめが知りたい ライバー事務所に入るメリットやデメリットが知りたい ライバー事務所の特徴や評判を知りたい上記のように考えているかも知れません。この記事[…]

おすすめライバー事務所

ライバーとは

ライブ配信をする女性

ライバーとは、ライブ配信アプリを使い生放送の動画配信を行なって収入を得る人をいいます。

配信内容は雑談や歌・楽器の演奏、ダンスなど人によって異なりバリエーションが豊富です。

Youtuberのように動画撮影・編集がいらず、スマホ1台あれば簡単にいつでも手軽に配信できます。

アプリにはチャット機能がついているので、配信を視聴するリスナーとコミュニケーションをとることが可能です。

ライブ配信は単純にリスナーとの交流を楽しんでいる人や、芸能活動において知名度を上げるための宣伝ツールとして利用する人など目的は様々です。

ライバーの平均的な収入

女性ライバー

ライバーの収入は基本的に成果報酬型となっています。

獲得する報酬に応じてトップライバー、ミドルライバー、初心者ライバーとクラス分けされます。

それぞれの平均収入を下記にまとめました。

トップクラスのライバー

トップクラスのライバーの平均月収は80万円~100万円以上です。

年収にすると1,000万円以上に昇り、中には5,000万円を超えるライバーもいます。

ミドルクラスのライバー

いわゆる中堅ライバーといわれるミドルクラス。平均月収にして30万円前後稼ぐ人が多いです。

ミドルクラスになると、ライブ配信だけで生計を立てられるくらいの稼ぎになります。

初心者ライバー

ライブ配信を始めたばかりの人、ライバーとして駆け出し中の初心者ライバーの平均月収は数千円~数万円です。

ライバーのリアルな収入事情として、ライブ配信だけで生活ができるミドルクラス以上に到達する人は限られており、ライバーのほとんどが数千円~数万円くらいの月収で収まっている場合が多いです。

しかし好きな事をしてお小遣い稼ぎをするのならライブ配信は魅力的ですし、配信を続ける事で知名度・人気度が上がれば、ミドルクラス以上のライバーになれるチャンスも充分にあります。

ライバーが収入を得る方法

女性が笑っている

ライバーの収入源は、「投げ銭」「イベント」「時給」「企業案件」の4つです。

それぞれを詳しくみていきましょう。

投げ銭

投げ銭はライバーの主な収入源です。イメージは路上ライブのようなもので、配信を視聴するリスナーがライバーに対して投げ銭を行ないます。

しかし現金をそのまま贈るわけではありません。

ライブ配信における投げ銭とは、リスナーがアプリ内で課金して購入したギフトやアイテムが贈られる事を言います。

ギフトやアイテムや現物ではなく、アプリ内でのみ反映される架空のものです。

送られるとエフェクトとなって、配信画面を盛り上げてくれる役割もあります。

投げ銭で得られた金額の何割かがライバーの収入になり、その割合はライブ配信アプリによって設定が異なります。

イベント

各ライブ配信アプリでは、配信を盛り上げるため様々なイベントを随時開催。

獲得したギフトやアイテムの数をライバー同士で競い合い、上位を狙うのがイベントの目的です。

上位入賞を果たすと賞金や賞品が運営側から送られます。

時給

最近はライブ配信事務所が増えており、ライバーに対して時給制を導入している事務所もあります。

また配信アプリによっては、報酬システム自体に時給制を取り入れている所もあります。

時給は配信1時間当たり数十円~数千円と、ランクや人気度に伴って上昇していきます。

配信をしてもリスナーから投げ銭が無ければ、報酬はゼロもありえるのがライバーです。

確実に報酬が欲しい人は、時給制を導入している事務所に所属するかアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

企業案件

SNSのインフルエンサーや人気youtuberのように、ライバーも知名度があれば、企業案件のお仕事を依頼される事もあります。

1回の案件につき数十万円~数百万円の報酬が入ると言われていて、製品やサービスの紹介を企業に代わって行ないます。

ライブ配信アプリごとの収入を得る仕組み

ライバー

ライバーの主な収入源は投げ銭ですが、配信で得た金額の一部はアプリ運営側や、事務所に所属していればマージン料が事務所へ渡ります。

ライバーの手元に入る金額の割合いを還元率といい、収入を得る仕組みや還元率はライブ配信ごとに異なります。

有名ライブ配信アプリ「BIGOLIVE(ビゴライブ)」「ふわっち」「Pocoha(ポコチャ)」それぞれの収入の仕組みを以下にまとめました。

BIGOLIVE(ビゴライブ)

ビゴライブ

出典:https://www.bigolivejapan.blog/

ビゴライブの報酬は成果報酬型となっています。

リスナーから「バーチャルギフト」をもらい、もらったギフトはアプリ内通貨ビーンズに変換されます。

ライバーへの収入還元率は、はっきりと公表されていませんが、13%~50%という報告があがっています。

ビゴライブはシンガポールの企業が運営するアプリ。そのためビーンズはドル単位で計算され、換金の際はその時のレートによって異なります。

なお、以下の記事ではビゴライブの評判や特徴・使い方について詳しく解説しているのでよろしければ参照してみてください。

関連記事

BIGO LIVE(ビゴライブ)ってどんなライブ配信サービスなの? BIGO LIVE(ビゴライブ)の特徴や使い方が知りたい! BIGO LIVE(ビゴライブ)の評判ってどうなの?今回の記事では、上記のような疑問[…]

BIGO LIVE(ビゴライブ)とは?

ふわっち

ふわっち

出典:https://whowatch.tv/

ふわっちの報酬は成果報酬型です。

ふわっちはポイント制となっていて、1ポイント=1円として計算されます。

還元率は50%で、ライブ配信アプリの中でも高めの設定です。

例えば1,080円のアイテムを貰うと、ライバーには540円分のポイントが入ります。

イベントも頻繁に開催しており、イベントランキング上位に入ると、順位に応じてポイントが支払われます。

Pocoha(ポコチャ)

ポコチャ

出典:https://www.pococha.com/

ポコチャで配信を行なうと、現金に換金可能な「ダイヤ」というアプリ内通貨が発行されます。

ダイヤは配信時間に応じて発生する「時間ダイヤ」と、配信の盛り上がり度合いに応じて発生する「盛り上がりダイヤ」の2種類あります。

時間ダイヤはいわゆる時給システムのようなものです。

ポコチャが設定するE帯~S帯のライバーランクによって金額が異なり、一番下のE帯では1時間配信すると30円、Sクラスでは5,000円に達します。

ただし時間ダイヤの発生は、1か月75時間までと上限があり、1日に換算すると2.5時間までしか時間ダイヤは発生しません。

また貰ったギフトは盛り上がりダイヤとして報酬になりますが、報酬の還元率は贈られたアイテムの数、視聴者数コメント・いいね数によって決まる仕組みです。

なお、以下の記事では2021年最新のおすすめのライブ配信アプリについて紹介しているのでよろしければ参照してみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめのライブ配信アプリを知りたい 各ライブ配信アプリの特徴や機能、収益化について知りたい ライブ配信アプリの選び方を知りたい上記のように考えているかもしれません。この[…]

ライブ配信アプリおすすめ

ライバーが収入を得るコツ

お金を持っている女性

ライブ配信で稼ぐために重要なのが、投げ銭をしてくれる固定のリスナーを増やすことです。

ライバーとして収入を得るために、ぜひ押さえておきましょう。

配信を毎日する

ライバーが収入を得るために必要なのが、毎日コンスタントに配信をすることです。

ライブ配信に遊びに来る人すべてが投げ銭をしてくれるわけではないため、できるだけ多くの人に自分の存在を知ってもらう必要があります。

配信の頻度が多いほど人の目に触れるわけですから、リスナーから認知されやすくなります。

自分の強みを配信に活かす

人とコミュニケーションをとるのが得意な人は雑談配信、音楽経験があれば楽器や歌配信など、自分の強みを活かした配信を行ないましょう。

ライバルと差別化できればリスナーを掴みやすく、投げ銭のキッカケになります。

視聴者との交流を増やす

ライブ配信アプリにはチャット機能が備わっているので、リスナーと会話が可能です。

リスナーと積極的に交流して仲良くなる事で、固定のリスナー獲得=安定した収入に繋がります。

イベントへ積極的に参加する

配信アプリが開催するイベントには積極的に参加しましょう。

上位にランクインする事で賞金が狙える他、「○位を目指す」と明確な目標設定を宣言する事により、リスナーは投げ銭でライバーを応援しようという気持ちが芽生えやすくなるからです。

ライバーの収入まとめ

マイクとヘッドフォン

ライバーの収入は、初心者ライバー、中堅ライバー、トップライバーによって幅があります。

一般的にライバー収入だけで生活出来るのは中堅以上ですが、初心者ライバーでも月数万円ほどの収入を得られ、お小遣い稼ぎ感覚で行なっている人も多いです。

もちろん頑張り次第ではいくらでも上を目指せるので、夢があるお仕事でもあります。

収入の仕組みはライブ配信アプリによって異なるので、ライバーをする時はそれぞれの特徴をしっかり押さえておきましょう。

スマホ1台あればライブ配信はできるので、まずは気軽な気持ちで初めてみても良いかもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 ライバー事務所のおすすめが知りたい ライバー事務所に入るメリットやデメリットが知りたい ライバー事務所の特徴や評判を知りたい上記のように考えているかも知れません。この記事[…]

おすすめライバー事務所